プチ整形で小顔になる

鏡を見るレディ

美容整形で小顔になるための方法は色々ありますが、切開などが必要なくお手軽にプチ整形で小顔になることもできるようになっています。銀座の美容整形外科の多くでも対応している施術としては、薬剤を注入することでフェイスラインをほっそりさせる施術があります。たとえばエラの張りが気になるという場合には、ボツリヌス・トキシンやボトックスといった薬剤を注入します。この薬剤はタンパク質の一種で、効果としては筋肉の収縮を弱くする働きがあります。この薬剤をエラに注入することで、メスを使わずにフェイスラインをすっきりさせることができます。銀座の美容整形外科で行える施術には他にもエラを削ったり、整体による矯正をしたりといった方法などもありますが、手軽さと痛みの少なさからこの薬剤注入を選択するパターンが銀座でも多いです。局部麻酔をおこなってから注入するだけの施術ですので、処置時間も10分程度と短いです。その上ダウンタイムも短くなっていて、入浴やメイク、洗顔なども当日から可能です。銀座の美容整形外科で行えるプチ整形では日常生活は大丈夫でも激しいスポーツをするには日にちを空けなければいけない場合なども少なくはありませんが、この施術では激しいスポーツでも当日から可能となっています。ただ、せっかく注入した薬剤が流れてしまう可能性などもあるため、顔のマッサージは1週間ほど控えたほうがいいでしょう。注入後は3週間から1ヶ月程度で徐々に効果があらわれ始めて、自然に痩せたかのようにフェイスラインが目に見えて細くなっていきます。